トップへ戻る

食事時間 メタボ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

食事時間とメタボの関係 食べる時間が遅いと太るは思い込み

あなたの仕事には時間の概念がない・・
だから、食事をとるのはいつも不規則。昼飯が3時とかザラ・・
そして、家に帰るのもバラバラ。夕食は7時だったり11時だったり・・・

 

「こんな生活しているからメタボなんだぁ〜!仕事やめちゃおうかなぁ〜」
なんて思ったりすることも一度や二度ではない!

 

いつもど〜もです。ロデムでございます。

 

食事の時間が不規則だから痩せられない・・
市場を見回してみると、こんな意見が相当数見受けられます。

 

確かに、夜遅い時間にご飯を食べると消化する前に寝てしまうため、
体内の食物が消化されず老廃物として体内に蓄積する可能性があります。

 

ですから、なるべく午後8時前には食事を終えるというのが常識ですよね・・

 

けれども、あなたの周りはどうでしょうか?
意外と太っているのはあなただけだったりして・・

 

ロデムの仕事も不規則で、お客さんとの接待も多かったので、
夜遅くまで酒やら脂っこいものを食べて締めは必ずラーメンなんていう
生活の頃も有りましたからあなたの気持ちはわかっているつもりです。

 

そういえばロデムが太り始めたのもそんな生活をしていた頃ですかね・・

 

ますます、あなたが悩んでいる「食事時間が不規則だから」ということで
メタボが解消できないという理由に負けてしまいそうですが、
解消する方法はあります。

 

その前に、食欲についてちょっと触れさせて下さい。
「なんの関係があるんだよ?遅い時間に食べても太らない方法じゃないの?」
なんて怒らないでくださいね・・ちゃんと理由がありますから!

 

では・・・食欲にはですね「代謝性食欲」と「認知性食欲」がございます。

 

代謝性食欲とは、食事を摂らない時間が長く続くと、
血中には遊離脂肪酸が増えてエネルギー不足を補うと同時に、
脳が糖質不足だと認知して、摂食中枢である視床下部外側野の働きで
強い空腹感を与え食べるよう仕向けられます。

 

そして、食事を食べることで血糖値が上昇し、脳内の満腹中枢にあたる
視床下部腹内側核の働きでインスリンが分泌されると同時に、
満腹感を与えて食欲が満たされます。これが代謝性食欲です。

 

一方の認知性食欲は、「ランチタイム」だからとかおいしそうな食べ物の話や
食べ物のニオイに誘われてというケースが殆ど・・

 

血糖値が低下してエネルギー不足だから食べる必要があるケースは
以外に多くありません。

 

このように無意識に認知・嗜好・経験・学習・記憶などに関与し、
大脳皮質連合野の働きで食欲を導くことを認知性食欲といいます。

 

ここまでいいでしょうか?

 

実はですね、ロデムがこの代謝性食欲と認知性食欲について学んだ時、
「なるほど」と思い、目の前が開けたような感覚に陥ったのです。

 

「俺ってこれだぁ!」って・・

 

要するにですね、本当は食べる必要がないのに、お昼だったり、夜だったり、
なんだか食べないといけないという強迫観念のような感覚があるわけです。
決まった時間に食べないと落ち着かないんですね〜。

 

けどよ〜く考えてみるとお腹がそんなに空いている訳ではないのです。
これってどうしてなんだろうって深く考えてませんでしたが、
認知性食欲という概念を学び腑に落ちました。

 

「幻想」なんですよ。お昼にご飯を食べないといけないのも、
夜遅い時間に食べると太るというのも全て幻想・・

 

僕達が小さい頃から刷り込まれていた幻想なんです。
「昼は12時。夜は8時前に食べる」全然そんな必要はないのです。

 

そこのところをよ〜く考えてみてください。

 

僕的には、お昼になれば何かを食べないといけない、
仕事が終わればご飯を食べないといけない。
これらは、すべて幻想、思い込みだったのです。

 

ですから、あなたも「夜遅い時間に食べるから太る」ということを真に受けて
自分自信に暗示を欠けるのは止めましょう。

 

例えば、朝から何も食べてないとかそれなら仕方ありません。
けど、普通に朝・昼と食べて、さあ夜・・・本当にお腹が空いてるのでしょうか?

 

認知性食欲かもしれないと疑ってみて下さい。

 

ロデムの過食が減ったのはこれを意識してからです。見事に食べる量が減りました。
その時々のリズムで必要な時に必要なだけ補給する。

 

本当に俺は食べる必要があるのかと、今でも自問しています。

 

基本的に、起きたら食事をとり、その5時間後に昼食、7〜8時間後に夕食というのが
サーカディアンリズムであり、お昼だからとか20時だからとかいうのは、
完全に認知性食欲に飲み込まれています。

 

ぜひとも、今までの経験に固辞するのではなく、一般的に言われている食事時間は
幼少の頃から刷り込まれた幻想だということを受け入れ、

 

その時々のリズムに合わせて食べるようにして頂ければ、
食後に分泌されるホルモンや脳内の食欲調整が正常に作用して
太りにくい体へと導いてくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

今回の話はなかなかいいと思うけどどうなんだろう・・
良いと思ったら「いいな」押してくれないかなぁ〜!

 

必要な時に必要なだけ食べる。食べたくないなら食べる必要はない・・
まんまとCMや食品会社に騙されているんだよ。絶対に・・

 

なんで3食食べないと行けないんだよ・・
体内時計って何だよ。俺は朝より夜のが調子いいぞ〜

 

勝手に決めつけんじゃね〜

 

ということで今回は終わり!

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ