お腹 体重

このエントリーをはてなブックマークに追加   

お腹メタボと体重の関係性 最終的には栄養バランスが肝!

ロデムでございます。いつも大変お世話になっております。
今日もページを開いて頂きありがとうございます!感謝しております!

 

さて、今日はお腹メタボと体重についてのお話になりますが
市場を見てみるとこんな悩みが多いみたいですが、あなたはどうでしょうか?

 

 

◆体重が減ればお腹は引っ込むのか?

 

◆体重が減ってもお腹が引っ込まない

 

 

そんなわけで、今回、これらについて経験を踏まえながらお話したいと思います。
少々お付き合い頂けると幸いでございます。

 

 

 

 

◆体重が減ればお腹は引っ込むのか?

 

これはロデムが実際に経験してますので、自信を持ってお伝えしますが、
体重が標準より20キロ以上重たいなら、体重落とせばお腹は引っ込みます。

 

振り返ってみると、太った原因は簡単です。食べすぎ・・・。
ご飯・ラーメン・揚げ物等々、糖質・脂質をとりすぎてたなぁ〜と!

 

食べるなとは言いません。徐々に量を減らすような対策を講じる。
もちろん、栄養バランスに十分注意しながらです・・

 

ロデムがとった対策は、いわゆる「ばっかり食い」です。

 

食物繊維(野菜・きのこ)⇒タンパク質(肉・魚・大豆)⇒炭水化物(ご飯・麺類)

 

賛否両論ある「ばっかり食い」ですが、炭水化物を食べることで得られる「糖質」が、
他の食材を先に食べることで消化管壁に壁を作り、急激な吸収が抑えられます。
それにより、血糖値の上昇が緩やかになり食欲も抑えられるわけです。

 

では、なぜ、食欲が抑えられるのかというと、食欲は血糖値が関係しています。

 

血糖値が急上昇すると「こりゃ大変だ!」と
脳が判断し、インスリンを大量に分泌します。すると血糖値が急降下・・・
またまた、「大変だ!」ということでこんどはお腹を空かせるわけです。

 

糖質の摂取⇒血糖値の急上昇⇒インスリの大量分泌⇒血糖値の急降下⇒食欲増大
を延々と繰り返す、まさに血糖値スパイラルなわけです。

 

これを抑えるためにも炭水化物を食べる前にその他を食材を食べる。
そうすることで血糖値スパイラルから逃れることができます。

 

この「ばっかり食い」は今でも続けています。効果あると思います。

 

◆体重が減ってもお腹が引っ込まない

 

これはですね、いわゆる「食べないダイエット」をしてるのではないでしょうか?

 

「食べなければ痩せる!」簡単だからと今でもやっている人いますよね?
確かに2〜3キロいとも簡単に落とせます。

 

しかし、体重が落ちているのは脂肪が減っているからではありません。
水分が減っているのと同時に筋肉が減っているから・・・

 

そのメカニズムは、体内がエネルギー不足になると、
筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

 

これは「糖新生」と呼ばれるものですが、極端な食事制限を行うと、
この糖新生が繰り返され、身体全体の筋肉量が減っていきます。

 

筋肉は、脂肪より重たいので、当然、減れば体重は軽くなりますが、
脂肪が減っているわけではなく、逆に備蓄型エネルギーである脂肪を
溜め込もうとするのでお腹の脂肪は落ちないわけです。

 

入ってくる栄養素が少ないので体が「危険だ」と感じ、
エネルギーをそれなりに消費する筋肉を落とし身軽にして、
代謝を落とすエコモードへと変換するのです。

 

こうなると大変です。同じ動作でも消費エネルギー量は以前より少なくなり、
基礎代謝も低下するので、消費エネルギーが極端に減ります。

 

いわゆる「太りやすい体質」の完成なわけです・・!

 

続いて、「食べないダイエットはしていない食べてるよ!」という人は、
栄養バランスが悪いのではないでしょうか?

 

6大栄養素と言われる、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維。

 

これらが満遍なく取られてないのが原因だと思います。
満腹になればと栄養がないけど嵩があるもので済ませてませんか?

 

栄養にはそれぞれ大切な役割があり、どれかが一つでも欠けてはダメなのです。
それはダイエット中だからといっても同じこと。
欠けてしまえばダイエットの効果・スピードを下げることになるのです。

 

 

 

 

栄養バランスはとにかく重要です。ダイエットする上でも肝になる・・!
ロデムが自力でメタボを解消し、その後、勉強して得た結論です。
最後に、栄養素について触れさせて頂き終わりにしたいと思います。

 

糖質・脂質・タンパク質の3種類の栄養素は「三大栄養素」と言われていて、
人間活動のエネルギーとなり、また、体を構成する成分となります。

 

それぞれの役割は、糖質が体内エネルギーの原料、
脂質・タンパク質は、身体組織やホルモン等の原料となります。

 

この3つの栄養素は生命活動を維持するために必須の栄養素ですが、
過剰摂取で体脂肪として蓄えられます。体脂肪になる順位は、糖質⇒脂質⇒タンパク質。

 

「タンパク質が!?」と思われる方もいらっしゃると思われますが、そうなのです。

 

続いて、ビタミン・ミネラルを加えたものを「五大栄養素」といいます。
この二つはエネルギーや身体の構成成分にはなりませんが、
体脂肪や三大栄養素の代謝活動に必須のもので、基本的に体内で合成できないので、
食物からの摂取が必要となります。

 

メタボな人は、このビタミン・ミネラルが不足しているか、
三大栄養素のうち、糖質・脂質を取りすぎている・・・
このどちらかのパターンに当てはまる場合が多いのではないでしょうか?

 

そして、最後が食物繊維。これを加えて六大栄養素となります。
この食物繊維の以前評価は「食物のカス」と言われていたのですが、
近年の研究で体に必須の栄養素とされました。
具体的な働きは、排泄・血糖値上昇の抑制です。

 

以上が、六大栄養素の説明になります。

 

人間の生命活動にはこれら栄養素のすべてが必要になります。
食べないダイエット、偏った食生活、いわゆる単品ダイエットは
ダイエットそのものの効果を半減させるばかりでなく、体調を壊す原因にもなります。

 

メタボダイエットを成功させるためにも栄養バランスには気を使うべきです。

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

「運動すればいいんじゃないの?」という人って相当数に登ると思います。
ロデムもそう思っていました。実際に取り組んでみたりもしました。
けれど、効果がでるまでに3年かかりました。

 

ロデムがメタボを解消できたのは、食生活の改善ももちろん行ってましたが、
今ほどの知識はありませんでしたのでかなりアバウトな感じ・・・

 

エアロバイクを3年やりつづけたので、なんとか20キロ痩せることができたのかなぁ〜
と最近では思っているというか結論づけています。
もちろん、食生活の改善も微々たるもんでしょうが関与してます。

 

ところで、人の細胞って日々分裂を繰り返し、1年で全て入れ替わると言われていて、
その材料というのは我々が食べているものが消化・吸収されたものなのです。

 

ということは、今の我々の状態って、好き好んで食べた食べ物の結果・・・!
ロデムはこのことを学んで「ハッ!」としたわけです。

 

どんなに素晴らしい◯◯体操や◯◯器具であっても、
人間の細胞の元になるのは食べ物です。
その食べ物が今までと同じであれば何も変わらない!

 

体に悪いものを食べていれば何をやっても上手く行かない・・・
ロデムが過去行ったダイエットが失敗つづきだったのが腑に落ちた瞬間でした。

 

「体に良い物を食べて、適度な運動する。」

 

これこそがいつまでも健康的で年相応に若々しくいるための秘訣!
ロデムはそう確信しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加