トップへ戻る

偏食 メタボ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

偏食はメタボを改善できない GI値の低い食材を活用する

あなたは糖分・炭水化物が大好き!それでいて偏食が酷いという
かなり困ったメタボさんではありませんか?

 

ロデムでございます。いつも大変お世話になっております。
今日もロデムのページを選んで頂き感謝!感謝!でございます。

 

さて、糖分・炭水化物が大好物でありながら偏食により野菜が嫌いとか、
お肉が食べれないとか・・けれどもメタボは解消しなくてはならないという
40代の仲間がいらっしゃいます。

 

ロデムも元メタボでしたが、糖分・炭水化物に加えて脂質も大好きでしたが、
お陰さまで何でも食べれたので食事の改善に関しては苦労しませんでした。

 

けど、嫌いなものが多いとなるとメタボ解消のため食事の改善は、
絶対に必要なのですが・・・どうしましょうか〜?

 

うう・・んん・・・

 

あなたは、糖分・炭水化物が好きということなので
ひとまず、白米を雑穀米にして、食パンを全粒粉パンやライ麦パンへ、
ラーメン・うどんをそばにしてみてはどうでしょうか?

 

完全にそれだけではなく、3回に1回とか無理しない程度でいいでしょう。

 

なぜ、これらの食材をオススメするのかというと、
あなたも聞いたことるあると思いますが、これらはGI値が低い食材です。

 

GI値とは、食材を摂取した後の血糖値の上昇度合いを指数で表したものです。
なぜ、この数値が低いほうがいいのかというと、

 

仮にこの数値が高いものを摂取すると血糖値が急上昇します。
すると、インスリが大量に分泌され、必要以上に血液中の糖分が回収され、
脂肪となって蓄えられます。

 

これで終わればまだ良いのですが、そうは問屋が卸しません。
今度はインスリンの大量分泌により血糖値が急低下し低血糖な状態になります。

 

すると、低血糖ですからエネルギー不足と脳が認識して食欲を刺激し、
食べるように仕向けます。それに乗っかってまたしてもGI値の高い食材を摂取。

 

血糖値が急上昇しインスリンが大量分泌し低血糖になり食欲が刺激される・・
これを繰り返すのです。

 

食べても食べてもお腹いっぱいにならないのはこれが原因です。

 

ですから、メタボな人は特に過食しているでしょうから
血糖値を急上昇させないような努力が必要なのです。

 

それと、血糖値の急上昇という観点からいうと、食べる順番もオススメです。

 

まず初めに食物繊維を含む食材を摂取してから、主菜であるお肉やお魚を食べ、
最後に主食である米・パン・麺を食べるようにしましょう。

 

前述したGI値の低い主食を食べて頂ければ効果は倍増!

 

なぜ、食物繊維を含む食材から食べるのかというと、栄養の吸収場所である腸に
イメージ的には膜のようなもので覆うことにより血糖の吸収が緩やかになるからです。
ロデムは今でも食べる順番を意識しています。効果は絶大ですよ!

 

ところで、あなたは、eGFR値が低くありませんか?
慢性肝臓病も放置しておくと大変なことになりますので改善が必要です。

 

肝臓の機能を改善するのはメタボを解消するのが一番なのですが、
応急処置として「タウリン」と「水素」の摂取を心がけましょう。

 

タウリンは、いか・たこ・あさり・ホタテなどの魚介類に多く含まれています。
水溶性なのでなるべく生で食べるのが良いのですが、
それが無理な場合は汁ごと食べるようにしましょう。

 

コレステロールが多いと思うかもしれませんが、この「タウリン」には、
コレステロール値を改善する働きもありますからご安心下さい。

 

コレステロールが高いのは内臓脂肪が原因ですから、
栄養面から見ても魚介類は敬遠せず積極的に食べて下さい。
お肉は少なくていいですから・・

 

そして水素。食べ過ぎや飲み過ぎによりきっとあなたの肝臓は脂肪肝!
しかし水素を摂取することで中性脂肪を減少させ、
悪玉活性酸素を除去することにより肝機能を改善してくれるでしょう。

 

え〜とそれからですね・・
やっぱりダイエット・サプリを上手に活用していただくのが良いと思うんです。
偏食ですから・・別ページにてご紹介してますのでよかったらご参考下さい。

 

偏食だからと諦めず、コツコツ一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

⇒ ダイエット・サプリまとめ

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ