トップへ戻る

食事の量 減らす

このエントリーをはてなブックマークに追加   

食事の量を減らす方法 血糖値の動きがメタボ改善の鍵!

食事の量を減らすのって難しいですよね〜!
毎度お世話になっております。ロデムでございます。

 

なぜ、食事の量を減らすのは難しいのでしょうか?
ロデムが自力でメタボを解消して、その後、
メタボで悩む人に向けて情報発信するために勉強した限りでは、
血糖値の動きがそれを解く鍵なのでその辺りに触れたいと思います。

 

血糖値は、糖質を摂取し血液の中に糖分がどれくらいあるかを数値化したもの。
ごはんやパン、麺類などいわゆる「炭水化物」を食べると糖質が摂取されます。

 

糖質は、通常、摂取されると膵臓から分泌されるインスリンにより
必要な量だけが血液を通して体中に送られます。

 

しかし、メタボな人がお腹を空かせて、食事を前にすると取ってしまう行動が、
ご飯・パン・麺類をとりあえず掻きこむこと・・無意識に行ってしまいます。

 

ただ、これは、糖質というのが人間の体を動かす唯一のエネルギー源ですので
理にかなっているといえば理にかなっています。

 

けれど、実はですね、これこそが過食の原因!
どういうことかと言うと・・・

 

糖質を口にすると体内では血糖が増えますので血糖値が上昇します。
するとインスリンが分泌されるのですが、メタボな人は大食いが多いので
大量の糖質が体内に入ってきます。すると上昇なんて生易しいものではなく、
いわゆる急上昇となるのです。

 

すると、脳が危険を察知し、放っておくと大変なことになるということで、
いつもよりインスリが多めに分泌されます。こちらも多めなんていう
生易しいものではなく必要以上、洪水に近いくらい大量に分泌されます。
すると、今度は、血糖値が急降下してしまいます。

 

するとするとで申し訳ありませんが、すると、今度は、エネルギーが足りないと
騒ぎ始めるのです。そうなると食欲が刺激され食べるよう仕向けられる。

 

そして、またしても糖質を掻きこむ⇒血糖値急上昇⇒インスリの大量分泌⇒
血糖値の急降下⇒食欲を刺激・・・!

 

もうお分かりだと思いますが、永延とこれを繰り返す無限地獄に陥るのです・・

 

いくら食べてもお腹が一杯にならないのはこのため。
血糖値の上昇を緩やかにするような食事の摂り方をしないと、
食事の量は抑えられないのです。

 

 

 

 

では、どのような食事の摂り方が血糖値の上昇を緩やかにするのかについてですが、
これはとても簡単で、まず初めにご飯・パン・麺類などの炭水化物・糖質を食べず、
お腹がどんなにすいてようが初めに口にするのは「食物繊維」を多く含んだおかず
からにしましょう。野菜やキノコ・海藻などで作られたおかず・・

 

果物のから食べるのもいいですね〜。抗酸化力の強いビタミン、ミネラル、
ファイトケミカル、もちろん食物繊維も豊富でメタボな人にとっては、
とにかく心強い味方でもあるのです。

 

果物というと「果糖」を気にする人もいますが、ロデムは全く気にしません。
仮に果糖を摂取したとしてもインスリンは分泌されないため糖尿病の心配もなし。

 

70〜90%は良質な水分で、体内毒素の排泄を促してくれるのです。

 

ところで、あなたは炭水化物を摂取する前に「お腹を膨らませればいいでしょ?」
と思ったんじゃないですか?イメージ的にはそんな感じで合っています。

 

けれど、大事なのは、いくらお腹を膨らませるとは言っても栄養が偏ったり、
ジャンクな低カロリーな食品ではダメなのです。

 

食事の量を減らすとともに大切なのが栄養のバランス・・

 

「糖質」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」
これら六大栄養を満遍なく摂取しないとダメなのです。

 

ちなみに各栄養素の働きについてですが、

 

糖質       :体内エネルギーの唯一の原料。
脂質・タンパク質 :細胞を始めとする身体組織やホルモンの原料
ビタミン・ミネラル:体脂肪や摂取した糖質・脂質・タンパク質の体内代謝活動に必須
食物繊維     :排泄・血糖値上昇の抑制

 

こういった大事な働きがあります。この中で三大栄養素と呼ばれる「糖質」「脂質」
「タンパク質」にのみカロリーがあり脂肪として蓄えられる性質を持っています。

 

ですから、あなたがメタボな原因は過食とともに三大栄養素の取りすぎか、
ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しているかのどちらかです。

 

糖質だけは、日本人は取りすぎているので減らす意識が必要なのですが、
それ以外は満遍なく、偏らないように摂取しましょう。

 

最後に、ご飯が大好きで止められないという人は、週に数回程度でいいので
「雑穀米」を食べるようにしてみたらどうでしょうか?

 

雑穀米に含まれる白米以外の雑穀が素晴らしい栄養価を含んでいます。

 

また、ラーメンが好きな人も2〜3回のうち1回はそばを食べる。
パンが好きな人も食パンではなく全粒粉パンやライ麦パンなど
色が茶色いものを食べるようにしてみてください。

 

色が茶色の炭水化物には血糖値の上昇を緩やかにする
低GI食品でもありますのでこれらをご活用されるのも良いかと思います。

 

雑穀米については別ページで詳しくご紹介していますので
もし良かったらご参考下さい。

 

では、食事の量を減らすには血糖値の上昇を緩やかにすることを念頭に、
食事を摂るということで終わりにしたいと思います。

 

ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

⇒ 雑穀米まとめ

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ