トップへ戻る

一日一食 メタボ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

一日一食でメタボが解消!?カロリーだけでは無理な理由

あなたは、何も食べなければお腹についている脂がエネルギーの代わりとして燃焼し、
劇的に痩せられると思っていませんか?

 

どうも〜どうも〜どうもー!お世話様です。ロデムでございます。

 

気持ちはわかるんですよね・・ロデムも以前はメタボでしたから・・
焦っているからこそやりがちなんです。食べないダイエットを!

 

いくらがんばっても100%近い確率で無理でしょうね・・
仮に今まで2100kcal食べていたとし、頑張って1200kcalにしたとしてもです。

 

なぜ無理なのかというと、脂肪というのは最後のエネルギーと言われ、
備蓄型だからです。最後の最後にもうダメだという時になって初めて稼働します。

 

お腹の脂肪は比較的落としやすいと言われてますが、正しいやり方をしてこそ。
カロリーだけを単純に減らすようなダイエットでは燃えないでしょう。

 

仮に、食べる量を1200kcalまで落とした場合、初めに体が行うのは代謝を落とすこと。
続いて筋肉を分解してエネルギーと作り出します。

 

これはなぜかというと、急激にカロリー落とすと脳が「飢餓状態」だと判断します。
「飢餓なんて・・!」と思われるかもしれませんが、今でも世界第一位の死因は、
なんと「餓死」なんのです。世界にはまだまだ好きなときに好きなだけ
食べられない人が巨万といるわけです。

 

日本だって食糧問題を解決したのは長い歴史から見て最近です。歴史は浅い・・
ですから、体にとって「飢餓状態」というのは古来からの宿敵なのです。

 

代謝を落としたあと、筋肉を分解すると前述しましたが、これも代謝と関係があり、
筋肉を維持するためにはカロリーが必要になります。それが証拠に比重が思い・・

 

飢餓状態で燃料が足りないのに、維持するのにカロリーが必要な筋肉など必要なし。
初めに燃焼し身軽になりつつ、時間稼ぎをするのです。

 

これを「糖新生」といいます。この糖新生が繰り返されると、身体全体の筋肉が減り、
同じ動作でも消費エネルギー量が以前より少なくなり、基礎代謝も低下し、
消費エネルギーが極端に減り、「太りやすい体質」の完成となります。

 

また、免疫力も落ちるため、メタボ解消どころではなく、
肉体的にも精神的にも病んでいくでしょう。

 

気持ちは分かります。早くメタボを解消しないとこれまた病気になるわけですから。
しかし、食べないダイエットは「百害あって一利なし」ですので絶対に止めましょう!

 

 

 

 

それとですね、1日1食で1,200kcalにするよりは、
1食を400ckal程度にして3回に分けるか、600kcalを2回にしたほうが良いと思います。

 

やはり、1日1回だと前述した「飢餓状態」を作り出してしまいます。
そうならないためにも時間は空けないほうが良いでしょう。

 

それとこれもカロリーと同じくらい大事なのですが、
栄養バランスが偏らないということ。

 

栄養バランスに偏りがあると、やっぱり「飢餓状態」ということで
代謝を落とし、足りない栄養素を使わないようにします。

 

よって、低カロリーなのはOKとして、1日1食ではなく、数回に分けつつ、
栄養バランスに偏りがないというのがベストなダイエット食となります。

 

ご自分で作られるのも良いでしょうし、今は便利な世の中なので、
宅配食のご利用も良いと思います。

 

栄養士さんが栄養バランスを考えた低カロリーなメニューを
定期的に提供してくれます。

 

考える必要もないので、そのメニュー通りに食べていけば良いので
忙しい人にはもってこいじゃないかなぁ〜と思います。

 

別ページにて詳しくご紹介していますのでよかったらご参考下さい。

 

それでは、メタボ解消に向けて一緒に頑張っていきましょうね!

 

ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

⇒ 宅配食まとめ

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ