トップへ戻る

朝食食べない メタボ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

朝食食べないとメタボのまま?注意すべきは血糖値の動き方

あなたは朝食を食べる派?それとも食べない派?
朝食食べないと太るってよく言われてますよね〜
食べなくても大丈夫っていう意見もありますのでどちらがいいのか悩みます・・

 

いつも大変お世話になっております。ロデムでございます。
本日もロデムのページを選んで頂きありがとうございま〜す!

 

さて、朝飯を食べたたほうがいいのか?食べなくて良いのかは?については、
いろいろな場面で議論されています。

 

感覚的には食べたほうが「頭が良くなる」という学説もあり優勢のような感じですが、
ロデム的には「食べても食べなくてもあなたにあっている方を選んだら良い」
というのが結論でございます。その理由についてをこれからお話いたします。

 

 

 

朝食はなぜ食べたほうが良いと言われるのでしょうか?
その理由は、食べないことで体が「飢餓状態」に陥るから。

 

「飢餓状態」というのは、1日の摂取カロリーを急に下がった状態が続くと、
脳内が飢餓状態にあると認識します。すると、防衛本能により、
胃腸は栄養分を可能な限り体に蓄えようとし、その上、消費カロリーを
低減する体質になるため痩せにくくなります。さらに食欲も旺盛になります!

 

もし、この状態で昼食を食べた場合は血糖値が急上昇することで、
インスリンが大量分泌されることにより、必要以上に糖が回収されてしまい、
体内に脂肪細胞として備蓄されます。

 

そこで、朝食を食べるとことにより飢餓状態を防ぐとともに、
体を動かすためのエネルギーが補給されることで、
睡眠中下がっていた体温が上昇し、内臓脂肪が活発になり、代謝がアップする。

 

以上が、朝食を食べたほうが良い派の主張でございます。

 

その逆に、これからは朝食を食べなくて良い派の主張についてです。

 

朝ごはんをしっかり食べるようになったのは、戦後の昭和30年を過ぎてから・・
実は、歴史的には非常に浅いのです。

 

さて、人間には生理リズムというのが存在していて、(1)排泄の時間・
(2)栄養補給と消化の時間・(3)吸収と代謝の時間
以上3つに別れいます。それぞれをご説明いたします。

 

(1)排泄の時間(午前4時〜昼12時)

 

体の毒素を出しきって排泄を促す時間であり、この時間帯に、食事をとると
せっかくの代謝活動が妨げられてしまいます。

 

それは、なぜかというと、体内に取り込まれた食事の消化作業というのが
なにより最優先事項となるので、消化作業中は代謝活動は止まってしまうのです。

 

朝から、食事をバッチリとった場合は前日夜に摂取した栄養素が確り代謝されず
体内で脂肪や老廃物として溜め込まれている可能性があります。

 

また、胃や腸などの消化器官がフル稼働を始めるのは、起床後3時間程度立ってから
と言われていますので、朝起きてすぐに食事を摂るというのは消化器官に
負担がかかっているとも言えます。

 

(2)栄養補給と消化の時間(昼12時〜午後8時)

 

朝起きてから少しづつ臓器の働きがよくなり、正午をこえたあたりには
消化能力が上がっていきます。食事をとるならこの時間帯がベストです。

 

(3)吸収と代謝の時間(午後8時〜午前4時)

 

(2)で摂取した栄養素が消化・吸収され、全身に回っている時間帯。
体の中では新陳代謝が活発に行われ、古くなった細胞の再生や
体内の老廃物の排泄の準備をしています。

 

この時間帯にしっかり睡眠をとることで代謝が活性化し、免疫力も上がります。

 

食べない派が重要視するのは、消化器官をしっかり休ませるということ。
仮に、朝食べたとしても排泄を助ける作用がある生野菜や果物等、
食物繊維を多く含む食材を推奨しています・・・

 

今、主流の酵素ドリンク・ダイエットにおいての「置き換え」「プチ断食」は、
前述の整理リズムに着目し、体内の代謝活動をスムーズに行わせることが目的です。

 

以上が食べない派の主張でございます。

 

ロデムは結論として「どちらでも良い」とお伝えいたしましたが、
実践しているのは「食べない派」の主張通りで、朝は酵素ドリンクを飲んでいます。

 

体質的に中学生の頃から、夜食べ過ぎだからだと思うのですが、
朝食べるととにかく調子が悪い・・・

 

高校は電車通学していたのですが、途中で降りて用をたすことがしばしば・・

 

それは、大学時代まで続き、バイトで肉体労働してましたので
朝早く、関東近郊のいろいろな現場に出向くのですが、
もう限界という極限状態の経験は両手・両足で数えても足りないくらい・・

 

そこれもこれも朝は食べたほうがいいと教えこまれたからです。

 

その後、朝は食べなくても良いという考えがあることを知った時は、
「よかったぁ〜」というのが素直な感想で朝飯を食べるという呪縛から
開放された瞬間でもあったのです。

 

ですから、朝は食べても食べなくてもあなたの体の調子次第。
食べないと調子が悪いなら食べればいいし、調子が悪いなら食べない。

 

ただひとつ言えるのは、血糖の急上昇を抑えたほうが良いというのは、
どちらも共通ですので、まず初めに口にするのは食物繊維を多く含む食材にしましょう。

 

朝マックを朝食替わりにという人もけっこういらっしゃるみたいですが、
食べるなとはいいません。食物繊維を摂取してからにしましょう。
(本当はジャンクな食品なのでオススメしませんが・・)

 

青汁・酵素ドリンクなどのダイエット・サプリでもOKですからね。
(別ページにて詳しくご紹介していますのでよかったら除いて見て下さいね)

 

ということで、今回は終りとなります。ご精読ありがとうございました。

 

 

 

⇒ ダイエット・サプリまとめ

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ