メタボ 酒

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボは酒が原因か! おつまみを工夫して肥満を回避

メタボの原因として真っ先にあげられるのがお酒ですよね!
「よっビール腹!」なんてからかわれたこともあるのではないでしょうか?

 

ロデムもお酒大好き。ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワインなんでもOK。
唯一ダメのが泡盛。これだけは克服できません。度数が高いんだよなぁ〜!

 

ごめんなさい。話が脱線しましたので元に戻します。

 

唐突ですが、ちょっと回りにいる人達を思い浮かべて欲しいのですが、
お酒も飲むし、ツマミもたくさん食べる人ってたいがい太ってませんか?
それとは別に、ツマミを食べないでお酒だけしか飲まない人って痩せてませんか?

 

そうなんです。意外や意外、お酒は言われているほどカロリー高くないのです。
参考までにお酒のカロリーを記載しておきます。

 

@ 生ビール 500ml                        202kcal
A 日本酒 1合                             185kcal
B 生レモンサワー 1杯                 170kcal
C 生グレープフルーツサワー 1杯  166kcal
D 焼酎水割り グラス1杯               126kcal
E ウーロンハイ 1杯             117kcal
F ハイボール グラス1杯         102kcal
G グラスワイン 1杯               85kcal
H ウィスキーロック グラス1杯        75kcal

 

さすがに「ビール腹」と言われているだけありビールが一番カロリー高いですが、
それでも意外に低カロリーなのがお分かりいただけるのではないでしょうか?

 

さらに、アルコールは血行の促進や体熱の上昇などで代謝され、
脂肪にはならないと言われているのです。

 

けれども、食欲が増進させる効果があるため、
暴飲・暴食をしてしまうことでメタボになってしまうのです。

 

もうお分かりだと思いますが、お酒がメタボの原因というよりは、
お酒をきっかけとして食べ過ぎてしまうのがメタボの原因なのです。

 

よって、お酒と一緒に食べる「おつまみ」をどのように工夫するかが、
メタボを解消/回避するために絶対に必要なことなのです。

 

飲まないでいられるならそれにこしたことありませんが、
やめられないなら「おつまみ」は絶対に工夫するべきです。

 

以下、「おつまみ」を工夫する方法をご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

さて、「おつまみを工夫する」なんて書くともっともらしく聞こえるかもしれませが、
なんてことはなく、食べるものに気を配るだけなのです。
具体的には、カロリー・脂質が高いものから低いものへ変えるだけ。簡単でしょ!

 

きっとあなたは、から揚げやフライドポテト、フライの盛り合わせ・天ぷら等、
脂っこい「おつまみ」ばかり食べているのではないでしょうか?
これらは、アルコールにより栄養分の吸収が良くなるだけにメタボを加速させます。

 

よって、今後は、豆腐や枝豆、野菜、刺し身などをおつまみとして食べて下さい。
これらに変えるだけで随分と違ってくるはずです。

 

さらに、食べるものによっては、メタボに効果があるものもあります。
これからご紹介する「おつまみ」はぜひとも積極的に食べて頂きたいです。

 

【低カロリーでメタボに効果もあるおつまみ】

 

@冷ややっこ       タンパク質と食物繊維と不飽和脂肪酸により
                  コレステロール値を下げる効果があり

 

Aオニオンスライス  イオン化合物により血液をさらさらにする効果があり

 

Bマグロの刺し身    不飽和脂肪酸のEPAにより「やせホルモン」が増加

 

Cささみの塩焼き     良質なタンパク質が血管を丈夫にする効果があり

 

Dぬか漬け         発酵食品、内臓脂肪を減らす効果があり

 

 

以上です。ちょっとした工夫でかなりの効果が得られるのでオススメです。

 

 

 

 

最後に、おつまみの工夫に関していろいろと書かせて頂きましたが、
いかがだったでしょうか?

 

ロデムも極力、こういった低カロリーでメタボに効果のある食材を
食べるようにしています。

 

けれども、やっぱり油っこいものはお酒にあいますし、美味しいです。
本当は、メタボを解消したいなら絶対に止めるべきと言いたいところですが、
食べたい時は無理をせず食べて下さい。ロデムも普通に食べています。

 

メタボを解消しないといけないからとあまりに追い込んでしまうと、
結局はパンクしてしまい長続きしません。適度なガス抜きは絶対に必要です。

 

うまくガス抜きしながら食べるものを選んで頂ければ、
飲み助でも必ずメタボは解消できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加