トップへ戻る

肉 鶏

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肉は鶏で唐揚げが大好物なメタボ カロリー抑える揚げ方とは

から揚げって美味しいですよね〜
一口噛んだ後にジワッ〜と広がる肉汁の甘みがなんとも言えません。
メタボにとっては揚げ物は天敵なんですが、
この時ばかりは理性が一瞬にして吹き飛んでしまいます!

 

ロデムが好きなのは、生姜・醤油・酒・うまみ調味料で味付けしたもの
最近では、バリーションが増え、醤油の変わりに塩を入れてみたり・・

 

衣は断然、片栗粉ですかね〜
から揚げ粉もいいですが、やっぱり片栗粉のほうがサクサクと揚がります。
油は使い古したものでなくバージンな油が絶対にオススメ。ケチってはいけません。

 

なぜなら、新しい油と片栗粉で揚げていただければ片栗粉の白さそのままに仕上がります。
こうなるとですね、噛んだ時の肉汁の甘み、衣の「サクサク」とした歯ごたえを
同時に味わえることができちゃうんですよね〜。

 

うちの子供たちは、パパが揚げるから揚げがだ〜い好き!
愛情タップリですしね!

 

おっと!またしても脱線です!すいません。ご挨拶もまだでしたね。
ロデムでございます。今回もロデムのページを訪れて頂き感謝しております。

 

さて、今回のテーマは「鶏のから揚げ」です。
メタボを解消する食事療法では揚げ物はご法度となりがち・・

 

衣として使う粉は炭水化物、揚げ油はリノール酸というのがその理由。

 

しかし、絶対に口にしてはいけないということだとちょっと寂しいし、
おそらく続かないので、今回は多少なりともカロリーを抑える揚げ方について
お話させていただきます。

 

まずは、結論から申し上げると、3つございます。

 

@食材を大きめに切る A衣は薄めにつける B揚げ油は180度の高温にする

 

 

それぞれ詳しくご説明いたします。
流し読みで結構ですが、それなりに効果が見込める手法です!

 

@食材を大きめに切る

 

鶏肉を切るときの大きさがポイントです。鶏肉をなるべく大きく切ることで
表面積が減り、油の吸収率を下げることができます。

 

A衣は薄めにつける

 

鶏肉に衣をつける際、「パンパン」叩いて余計な粉を徹底的に落としましょう。
そして、小麦粉やから揚げ粉より、片栗粉や米粉のほうが油の吸収率が低いので
そちらをご使用ください。

 

B揚げ油は180度の高温にする

 

まあ、揚げ油の温度に関して、180度というのはから揚げの基本中の基本ですから、
大多数の方が守られていると思いますが、なかには低温からジックリな人もいるはず。

 

低温で揚げてしまうと時間がかかりますよね。その分、油を吸収してしまう。
だから、高温でサッサと揚げましょうということです。

 

以上が、カロリーを抑えるから揚げの揚げ方となります。
とっても簡単でしょう!

 

そして、鶏もも肉でムネ肉を使うよりカロリーに揚げる方法が知りたいという
ご要望がありましたが、ごめんなさん。やっぱりどうやってもムネ肉より
カロリーを抑える揚げ方はございません。ご容赦ください。

 

ちなみに、モモ肉とムネ肉をごちゃ混ぜにして揚げるのもありかと・・
ロシアンルーレットじゃないけど遊び心がありながらカロリーも抑えられます。

 

最後に、もう一つ秘策がございます。
好き嫌いがあるので全員にオススメとは言いませんが「お酢」につけて食べる。

 

私、ロデムは東京都大田区の蒲田に住んでいたことがありまして、実は第二の故郷!
蒲田でから揚げが有名な居酒屋さんがありました。

 

そこでは、から揚げに酢をつけて食べさせてくれるのですが、これがバカウマ!
ちょっとしつこいから揚げが全然しつこくない。何個でも食べれる。
完全にお店の術中にハマってしまいした!

 

しかし、酢を付けるというのは実はとっても合理的。

 

から揚げを酢につけることで、炭水化物の片栗粉が酢でコーティングされ、
糖の吸収が遅くなることにより、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

 

継続的に酢をとるようにすれば内臓脂肪を減らすことも期待できるので、
これを機会に酢を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ということで、このページでお伝えしたかったことは以上となります。
から揚げのことを記事にしていたらなんだか無性に食べたくなってきた!

 

今日は、これからから揚げ作って食べます!

 

 

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

から揚げはやっぱりモモ肉でしょう!
というのが以前の俺。

 

ムネ肉はもっさりしていて今ひとつ。
パサパサ感がどうしてもダメだった!

 

けど・・・・慣れるもんなんですかね!
それとも年を取ったのか!

 

今ではムネ肉のほうが美味しい。
塩味だとなおさら。

 

カロリーもモモと比べれば断然低し、
骨粗鬆症にいいビタミンKとビタミンB6が摂取できる!

 

健康面で考えるとやっぱりムネ肉だよなぁ〜

関連ページ

野菜が苦手はサプリを活用
食べる順番と雑穀米を併用
メタボが食べるべきメニュー
バナナだけでは難しい
食前のキャベツが良い理由
旦那のカップラーメンを止めさせる
毎日納豆を食べるべき理由
優秀食品である果物を活用する
海藻を食べるべき理由
野菜が苦手な人はサプリを活用
甘いもので太らない方法
アイス食べても太らない食事
魚と食べる順番で乗り切る
マトン入りのカレーは最強
減塩できる酢を活用する
酒の飲み過ぎが良くない理由
栄養が偏らなければ脂身もOK
積極的に食したいマグロ
豚肉が体に良い理由とは
飽和脂肪酸は減らすべき
食べ合わせが悪いご飯とお肉
締めのご飯で太らない方法
ちょっと手間がかかる玄米
コレステロールを下げる肉の食べ方
実は危険なゼロカロリー食品
果物はとにかく優秀な食材
雑穀米の素晴らしい効用
ジュースにして果物を摂取
L-カルニチンで脂肪を撃退
ちょっとお腹が空いたら果物を
オニギリだって立派なオヤツ
食品添加物のない菓子を選ぶ
豆はしっかり水に浸ける
主食の置き換えで対応する
置き換えダイエットの注意点
主食を雑穀米にすべき理由
オメガ3系を魚以外で摂取
市販の野菜ジュースは危険
発酵食品を摂取すべき理由
食前に食べたほうがよい寒天
食べる順番で量を抑える
肝心かなめの肝臓を労る
置き換えずに米を減らす方法
強敵な米を撃退する方法

食生活に関する悩み

運動に関する悩み

お腹に関する悩み

メタボ解消方法

中性脂肪・コレステロールの悩み

メタボに関するあれこれ

食品・食材まとめ

サプリメント・まとめ