メタボ 飲料

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボを飲料で克服する! コーヒーやお茶が効果的な理由

できれば、メタボを飲料で解消したい・・?!
と思われている40代の男性は多いのではないでしょうか?
なぜなら、飲むだけでいいので頭をつかう必要もないし手っ取り早いからです。

 

しかし、そんな夢の様な話はありません!いい加減目を覚ましてください。
始めにキッパリとお断りしておきますが、そんな厳しいこと言いながらも、
飲んでみたら良い飲料は確かに存在しているのでご紹介したいと思います。

 

その飲料とはコーヒーとお茶です。以下ご確認下さい。

 

 

 

 

まず、コーヒーからです。

 

コーヒーには、「クロロゲン酸」という栄養素が含まれていて、
この栄養素はインスリンの働きを良くするので血糖値を下げる効果があるのと同時に
動脈硬化の進行を防ぐ作用もあるのです。

 

コーヒーをたくさん飲む人は飲まない人に比べて2型糖尿病の発症が少ない、
という疫学調査の結果もあるのです。

 

さらに、コーヒーと言えば「カフェイン」のイメージが強いと思いますが、
このカフェインには脂肪燃焼を促す作用まであるのです。

 

とまあ、いいことばかり書きましたが、良くないことも・・

 

カフェインは、飲み過ぎると「カフェイン中毒」という症状を引き起こします。
簡単にいうと「カフェインを取らないといられない」という依存症になり、
カフェインを摂取しないと身体に様々な不調が現れるのです。

 

しかし、上述のようにコーヒーには素晴らしい効果があるので、飲み過ぎることなく、
缶やインスタントでもよいので1日3杯を食後に飲むようにするのが良いでしょう。
節度を守って飲んで頂ければなにも問題はありませんから・・

 

さて、飲み方についてはミルクや砂糖を入れると美味しいですが、基本はブラックです。
ロデムもコーヒーは大好きで以前は、砂糖とミルクをたっぷり入れてました。
けれど、今では、美味しいコーヒーはやっぱりブラックがいいです。

 

「どうして甘い砂糖とミルクが必要なくなったの?」っていう声が聞こえますが、
大変申し訳ありませんがよくわかりません。しいて言うなら「馴れ」じゃないかと・・

 

砂糖やミルクが完全にダメではなく、我慢するくらいなら入れて飲み、
3回に1回はブラックにすればいいんじゃないかと思います。
徐々に馴れる手法です。きっとブラックが美味しいと思う瞬間が訪れるはずです。

 

では、続きましてお茶です。

 

緑茶の渋み成分である「カテキン」には、食事中のコレステロールの吸収を抑え、
LDL(悪玉)コレステロール値を下げたり、脂質の吸収を抑える作用があります。
そのうえ、抗酸化作用もあるので、血管の酸化が抑制されて、動脈硬化の予防も・・。

 

そして、甘み成分であるテアニンは、気持ちを落ち着かせる作用により、
血圧を下げる効果があります。

 

緑茶を日常的に飲むようにすると「カテキン」や「テアニン」を習慣的に摂取できます。

 

また、烏龍茶、杜仲茶などにもメタボ改善に役立つ成分が含まれているので
あなたの異常に合わせて飲むお茶を変えてみるのも良いでしょう。

 

以下、お茶の種類別にどの異常に効果があるかまとめましたのでご参考下さい。

 

【種類】        【効果のある異常】

 

@緑茶        高血糖・高血圧・脂質異常
Aほうじ茶      高血糖・高血圧・脂質異常
A杜仲茶       高血糖・高血圧・脂質異常
B烏龍茶           高血圧・脂質異常
C玄米茶           高血圧・脂質異常
Dそば茶       高血糖・高血圧・脂質異常
E黒豆茶               脂質異常

 

 

 

 

最後に、ロデムも昔からコーヒが大好きです。正確には缶コーヒー。
コカコーラのジョージアシリーズ、サントリーのボスシリーズが双璧です。
それこそ1日に5〜6本は軽く飲んでいたと思います。

 

けれども、コーヒーの効果を知るようになってからはインスタントですが、
ブラックで飲むようになりました。するとどうでしょうか!
缶コーヒーが甘すぎて飲むことができなくなりました。
今はまってるのはセブンカフェ・・挽きたては最高ですね・・!

 

話がそれましたが、ロデムがメタボを解消できたのは缶コーヒーではなく
ブラックコーヒーを飲むようになったことも要因としてあると思っています。
やっぱり、缶コーヒーには糖分が多すぎるかと・・・!(単純に飲み過ぎ!)

 

お茶に関しては、ハッキリ言ってロデムはあまり飲みませんが、
中国の工場へ出向していた経験があり、中国人はとにかくお茶をよく飲みます。
いろいろな茶葉をごちゃ混ぜにして、熱いお湯の中に入れて飲んでます。

 

毎日、油・油・油、油だらけの食事なのに太っている人は意外に少ない。
中国人が太っていないのはお茶をよく飲むからだという専門家もいらっしゃいます。

 

あれだけ油っこい食事なのに太らない要因を探すと必ずお茶に行き着きます。
というかお茶しか思い当たる節がないのです・・!

 

コーヒー・お茶、どちらにするかはあなたしだい。
好きな方を飲んでもいいですし、両方飲んでもいいでしょう。

 

日本にもいろいろな種類のコーヒーやお茶、またこれらを主成分とした
ダイエット飲料がそれこそ山のように存在しています。

 

自分に合うものを見つけて上手に活用して頂ければ、
メタボ解消は必ず成し得るでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボを飲料で克服する! コーヒーやお茶が効果的な理由記事一覧

魚に含まれる凄い栄養成分がDHAとEPAの2つになります。これら二種類は脂ですが、生活習慣病を阻止したり良くすることができるなど、人にとってはなくてはならない栄養成分だと言えるでしょう。生活習慣病に罹った当初は、痛みや他の症状が見られないことが多く、数年とか数十年という年月を掛けてジワジワと悪くなりますので、医者にかかった時には「何もできない!」ということがほとんどだとも聞きます。「中性脂肪を低減...