メタボ 栄養素

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボと栄養素の密接な関係! 偏った食生活に問題があり

メタボと栄養素には密接な関係があります。

 

なぜなら、あなたのお腹に脂肪がたっぷりなのは、
取り込んだ栄養素がエネルギーとして活躍することなく
そのまま脂肪として滞留してしまっているからなのです。

 

通常、私達が食べた食べ物は胃で消化・分解され、腸で栄養素が吸収されます。
その後、吸収された栄養素は代謝によりエネルギーに変換され、
免疫や自然治癒力の維持をはじめ、細胞の修復、神経やホルモンバランスの調整、
代謝促進など、ありとあらゆることを行います。

 

しかし、メタボの男性は吸収された栄養素が上手く代謝されません。
その結果、栄養素は脂肪として体内に滞留するわけです。

 

栄養素を脂肪としてではなくエネルギーとしていかに活躍させるか?
これこそがメタボ解消の肝なのです。

 

 

 

 

では、栄養素がどうしたらエネルギーとして代謝されるのでしょうか?
これは、そんなに難しいことではありませんが、その前に・・・

 

ひっとしたら、あなたは代謝というと筋肉をイメージされるのではないでしょうか?
筋肉をつければ代謝が上がる・・・まことしやかに語られています。

 

しかし、「運動して筋肉をつける」言葉として言うのは簡単ですが、
殆どの人が挫折しているのではないでしょうか?

 

それもそのはず。筋肉のプロであるボディビルダーでさえ、
筋肉を1キロつけるのに1年かかります。

 

素人のしかも運動なんてそれこそ高校時代の体育の授業くらいしか
やったことがないあなたではかなり無理な話なのです。

 

けれど、先に「難しいことではない」と書きましたが、
本当に難しくありません。

 

かなり引っ張ってますが、答えは「食生活の偏りをなくすこと」です。

 

「なぁ〜んだ!」と思わないで下さい。これってかなり重要なことで、
ロデム的には、やっぱり食生活が原因だと今は確信しています。

 

私達が食べる食べ物には、カロリーと栄養素の2種類が含まれていて、
カロリーは脂肪に関係があり、栄養素は人間のエネルギーになります。

 

1日に摂取が必要なカロリーと栄養素は決まっているわけですが、
得てしてダイエットというとカロリー面を気にしがちです。

 

するとどうでしょうか?
食べ物にはカロリーと栄養素が含まれていると先にお伝えしましたが、
当然ながら栄養素も少なくなります。

 

本来必要な栄養素が摂取できていないので今あるものをなるべく使わないよう、
また、少量の栄養素でも人間に備わっている防衛本能から代謝をあえて悪くし
脂肪として溜め込もうとします。これこそが代謝が悪くなる最大の要因なわけです。

 

けれども、必要十分な栄養素が取れていれば、代謝を落とす必要もなくなるので、
スムーズに栄養素は代謝をされ、脂肪として溜め込まれることはなくなるのです。

 

どうしてもカロリーが優先になりがちですが、それは間違い・・!
カロリー過多はもちろんダメなのですが、栄養素も十分なのか?
この辺りも考えなければダイエットは上手く行かないのです。

 

 

 

 

それでは最後に、偏りのない食生活というのがどんなものかをご説明させて頂きます。

 

@主食(ご飯・パン・麺類)
A副菜(野菜・きのこ・いも・海藻料理)
B主菜(肉・魚・卵・大豆料理)
C牛乳・乳製品
D果物

 

上記@〜Dに記載してある食材を1日の中で満遍なく食べて頂ければ良いわけです。

 

この中で特に注意していただきたいのが主食となるご飯やパン、麺類。
いわゆる炭水化物ですが、これを取りすぎないということです。

 

メタボ男性の多くは、ご飯やラーメンなどの麺類が大好き。
そば・うどんにどんぶりものをプラスしたり、
ラーメンにライスを合わせて食べることに抵抗なんてないですよね?
当然ながらロデムも大好きです・・・・・

 

しかし、炭水化物の取りすぎはカロリーオーバーにつながり、
これをエネルギーに変える栄養素である「ビタミンB群」の不足を招きます。
なぜ不足するのかについては非常に簡単。単純に代謝をする量が多すぎるためです。

 

さらに、ビタミンB群が不足すると身体が疲れやすくなったり、
免疫力が低下したりして、生活習慣病になる可能性が格段に高くなるのです。

 

ビタミンB群は、豚肉や牛・豚・鶏レバー、うなぎなどに多く含まれているので、
Bの主菜として積極的に取り入れたい食材です。
生姜焼きやニラレバ・うな丼などがいいと思います・・

 

但し、揚げ物はちょっとだけ注意が必要ですといいたいところですが、
ロデムは全然そんなこと思っていません。
揚げ物も量しだい。大量に食べるから問題なわけで、適量であれば食べるべきです。

 

炭水化物や油が太る原因だとよく言われますが、これらも立派な栄養素です。
抜いてしまうほうが身体によくありません。適量であれば何を食べても大丈夫です。

 

何事も食べ過ぎは良くありません。
適量を心がけ満遍なく栄養素を取るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボと栄養素の密接な関係! 偏った食生活に問題があり記事一覧

ハリウッド女優も常用していることで広く浸透したチアシードは、少々しか食べなくても空腹感を解消できることから、ダイエットに取り組んでいる方に向いていると評されています。日頃の食事を1回だけ、カロリーオフでダイエット効果が得られる食品とチェンジする置き換えダイエットだったら、苦労せずにダイエットにチャレンジできると思います。毎日プロテインを飲むだけでは脂肪は減らせませんが、エクササイズを実施するプロテ...

代謝機能を強めてぜい肉がつきにくい身体を手に入れれば、ちょっとくらい摂取カロリーの量が多めになっても、着実に体重は落ちるのが一般的なので、フィットネスジムを利用したダイエットが確かです。ダイエットの障害となる空腹予防に採り入れられているチアシードは、ジュースに投入するばかりでなく、ヨーグルトにトッピングしたりパンケーキに混ぜて味わってみるのもよいのではないでしょうか。腹部で膨張することで満腹感が齎...

産後太りに悩んでいる人には、育児真っ最中でも無理なく始めることができて、ビタミンやミネラルなどの栄養や心身の健康も考慮された置き換えダイエットが最適です。このところのダイエットは、ただ単に体重を減らしていくことを目当てにするのではなく、筋力をアップして美しい美ボディを作り出せるプロテインダイエットがスタンダードとなっています。「脂肪燃焼を促してくれるのでダイエットに有益」と噂されるラクトフェリンは...

脂肪を減らしたいと強く願う女性の強力なサポーターになってくれるのが、低カロリーなのにきちんと満腹感を味わうことができる注目のダイエット食品です。数多くのモデルの方々も、カロリーコントロールに取り入れていることで一躍有名となった酵素ダイエットは、摂取する栄養が偏るというリスクもなくファスティングを行えるのが長所です。若い女の人だけでなく、中高年の女性や産後太りに悩んでいる女性、そしてメタボの男性にも...