メタボ 予防

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボを予防する方法とは?良質な油と善玉菌の摂取が肝!

お世話様で〜す!ロデムでございます。
初めての人もそうじゃない人もページを開いて頂き、感謝感激雨あられ!

 

決してふざけているわけではありません。
何十万だか何百万だかあるページの中から選ばれたことはまさに奇跡!

 

精一杯、あなたのお役に立てるような情報をご提供できるよう
頑張っていきますので、今後とも何卒ご贔屓の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、冒頭長くなりましたが、今回はメタボをいかに予防するか?

 

ロデムの経験を織り交ぜながらメタボにならないためにはどうしたらいいのかを
お話させて頂きます。少々お付き合い頂けると幸いです。

 

 

 

 

当たり前だと言わないで下さい。やっぱり何を食べるかだと思うんです。
「ギャル曽根ちゃん」や「もえあず」がどんだけ食べようが
見ているだけでは太りません。

 

メタボになる原因は間違いなく食生活にあります。
あなたが食べたものが良くないからメタボになるのです・・
100%断言できます。

 

脂肪が身体につくのは消費カロリーより摂取カロリーが多いのが原因だし、
食べる量が少ないとすれば、栄養バランスが崩れているので食べたものを代謝する
栄養素が足りないため、脂肪として滞留する・・・

 

全ては食べるものが原因です。
ですから、何を食べるかについては絶対に気をつけるべきですし、
低カロリーで栄養バランスが崩れていなければ絶対にメタボにはなりません。

 

ロデムも以前は90キロ近いメタボでした・・・
当時を振り返ってみるとやっぱり過食していたし、栄養バランスも滅茶苦茶・・

 

とにかくご飯と麺類が大好きなんです。味がよければおかずがいらない・・
まさに「炭水化物命!」な状態だったのです。

 

こんな食生活をしていたら太って当然ですよね〜!
ご飯や麺類、特にラーメンなんですが、栄養といったらほぼ糖質だけ。
雑穀米や麺類でも「そば」だったら全然状況は違っていたでしょう。

 

ところで、六大栄養素をご存知でしょうか?

 

糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維

 

カロリーがあるのは糖質・脂質・タンパク質で、
人間の活動源となるエネルギーとなり、体を構成する成分となります。

 

続いて、ビタミン・ミネラルはエネルギーや体の構成素材にならないけれど、
体脂肪や糖質・脂質・タンパク質の体内代謝活動で必要になる栄養素です。

 

最後の食物繊維は、消化酵素では分解されず体に吸収されませんが、
排泄、血糖値の上昇をゆるやかにするなど、近年の研究において必須となりました。

 

栄養バランスが偏らないとは、この六大栄養素のバランスに気をつけるということです。
とかくダイエットというと栄養のない何かで腹を満たす、
いわゆる一品ダイエットに走りがちですが、それではダメだということです。

 

唯一、糖質だけは減らして頂いても構いませんが、
それ以外は確実に摂取するようにしましょう。

 

さもなくば、食べたものが代謝されず脂肪となりメタボの原因となりますので・・

 

 

 

最後に、食べる食材について話をさせて下さい。

 

肉よりは魚、魚よりは大豆製品を食べるようにしてみてはどうでしょうか?
肉も魚も動物性タンパク質ですが、魚には、オメガ3系と言われる、
DHA・EPA・α-リノレン酸が豊富に含まれています。

 

この油は、血液をサラサラにし、細胞膜を柔らかく、炎症を抑える作用があります。
「炎症?」もしかしたら思われたかもしれませんが、我々が通常摂取している油は、
オメガ6系のリノール酸です。これは揚げ物や炒め物などで使用する油で、
血液をドロドロにし、体内の炎症を強くする作用があります。

 

当然ながらメタボになる主因の一つであり、アトピーや花粉症などアレルギー症状の
原因とも言われてます。アレルギーは体内で起こる炎症作用と拒否反応なので、
オメガ6が過多だとアレルギー症状が起きやすくなるのです。

 

オメガ3とオメガ6の割合というのがあり、理想的には1対4と言われていますが、
現実は、なんと1対10〜50で、魚を食べない人はほぼ「ゼロ」なのです。

 

なぜ、魚の油について話をするのかというと、我々の体には体脂肪が増えると
体のバランスを整えるために痩せやすくするシステムが備わっているからです。

 

体脂肪が増えると、細胞脂肪から痩せホルモンである「レプチン」が分泌され、
代謝を上げて痩せやすくしてくれるのですが、前述した、オメガ6系を取りすぎていて、
炎症を起こした状態だと、このレプチンを受取る受容器が狂ってしまいます。

 

せっかく、レプチンが分泌されているのに、上手く受信できなければ
効果を享受することはできません。

 

そうならないためにオメガ3系の油を摂取する必要があるのです。

 

いわゆる青魚を食べるのが一番ですが、DHA・EPAが多く含まれている
サプリメントを利用するのも良いでしょう。

 

せっかく備わっているシステムですので有効活用しない手はないですから!

 

魚が長くなってしまいましたが、続いては大豆製品です。
いろいろありますがその中でも特にオススメは「納豆」です。

 

なぜ、納豆をオススメするのかというと、我々の免疫機能の8割は腸にあります。
この腸が、あなたもよく耳にすると思われますが、悪玉菌で一杯だと、
免疫機能の低下、代謝活動も正常に行われません。

 

いつまでも健康でいるためには腸を善玉菌で満たさないといけないのです。
そのために必要なのが乳酸菌です。ヨーグルトやチーズなどが有名ですが、
納豆に含まれている乳酸機は植物性であり、胃酸にも負けず、
行きたまま腸に届くのでより効果的に善玉菌を増やせます。

 

また、消化もよく良質なアミノ酸が摂れる最高の健康食でもあり、
ヨーグルトや他の発酵食品の追随を許しません。

 

解毒作用も高く、血栓溶解酵素や骨粗鬆症に効果的なビタミネK2や
食物繊維も豊富に含まれている万能選手なのです。

 

食べ過ぎると痛風になる可能性もあるので1日1〜2パックを目処に
食べるようにしたら良いと思います。

 

良質な油を取りつつ、腸が善玉菌でいっぱいになればまさに鬼に金棒!
もちろんメタボの予防にもなります。

 

以上が、ロデムのオススメする食材です。よかったら試してみてください。

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

 

納豆のネバネバって凄いみたい・・
ナットウキナーゼって言う成分が入っているんだって!

 

糖質や脂質の代謝を促し、動脈硬化予防に良い影響を与える・・
納豆食ってりゃ大丈夫っていうことみたい。

 

俺は納豆好きだから生活習慣病は考えないでいいだろう
ただ、食べ過ぎは痛風になるみたいだから気をつけないとね〜

このエントリーをはてなブックマークに追加