メタボ 生活

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボな生活からの脱却 過食と栄養の偏りを改善すべき!

毎度お世話になりありがとうございます。感謝してま〜す!
本日もロデムのページを見てくださっているようで一安心・・!

 

数十〜数百万あるホームページの中から選んでいただけるのは本当にありがたく、
奇跡的なことでもあり、やっぱり縁があるのでしょうね!

 

ロデムのページを見て頂き「悩みが解決できた!」と言ってもらえるよう、
今回も一生懸命に自身の経験と勉強したことを踏まえながら、
情報の発信をしていきたいと思います。

 

さて、冒頭長くなりましたが、今回は、メタボな生活から脱却するために
行うべきことに触れていきたいと思います。

 

結論から申し上げると

 

◆過食の克服

 

◆栄養バランスの偏りを無くす

 

この2点さえできればメタボは解消できます。

 

それでは、少々お付き合い頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

 

 

 

◆過食の克服

 

脂肪がつくのは、消費カロリーより摂取カロリーが多いから・・
こんなの、あたり前過ぎて、もしかしたらあなたは忘れてたかもしれませんね。

 

けど、当たり前だけどやっぱり脂肪がつく原因はこれなんです・・・
単純に食べる量が多いから摂取したカロリーが消費できない。

 

ですから、メタボで明らかに食べ過ぎていると思う人は
全力で食べる量を減らさないといけません。
裏を返せば、少量でも満足できるような食事を取ること。

 

ロデムのオススメは食べる順番を意識することです。

 

メタボを解消した現在でも実行してますのでかなり強力じゃなかと
手前味噌ですが思っています・・

 

ロデムもそうだったので気持ちはわかるのですが、
お腹が空くとどうしてもご飯・パン・麺類の主食を一番最初に口に入れます。

 

これは当然といえば当然で、お腹が空くというのは、
体内のエネルギーが不足しているから・・

 

そのエネルギーの元になるのは糖質ですし、体が求めているので仕方ないですが、
ここでちょっとだけ我慢してもらって、始めは食物繊維を含む食材から食べて下さい。
こうすることで血糖の吸収がゆるやかになり、過食を防げます。

 

なぜ、防げるのかと言うと、それは血糖値が関係していますので
そのメカニズについてご説明いたします。

 

糖質を摂取することで血糖値が上昇し、すると、インスリンが分泌され
血糖値は元の状態に戻ります。これが通常の流れなのですが、

 

糖質をまず始めに摂取すると血糖値が急上昇する・・これがダメなのです。

 

急上昇すると、体に危険が及びつつあると勝手に防衛本能が働き、
こんどは、インスリンの分泌がいつもよりかなり多く、血糖値が急降下・・
するとこんどは「低血糖だ!エネルギーが足りない!」
ということで食欲を刺激し食べるよう仕向けられます。

 

そして、また、糖質を口にし血糖値が急上昇し、インスリが大量分泌、
血糖値の急降下、低血糖状態になり食欲が刺激される・・これを繰り返します。

 

これこそが、食べても食べてもお腹一杯にならない大きな原因なのです。

 

ということで過食の改善はこの血糖値の上下動を緩やかにできるかどうかが鍵・・
食物繊維を豊富に含む食材を食べることでこれが可能となるのです。

 

 

◆栄養バランスの偏りを無くす

 

続いて、栄養バランスの偏りを無くすについてですが、
食べる量が少ないのに内蔵脂肪が多い、いわゆる隠れ肥満の人は、
栄養バランスが悪いのが主たる原因です。

 

なぜなら、栄養は相互に補完しあうことで力を存分に発揮するからです。

 

例えば、三大栄養素と言われる「糖質」「脂質」「タンパク質」
糖質は体内エネルギーの原料となり、脂質は・タンパク質は細胞を始めとする
身体組織や、ホルモン等の原料になります。

 

カロリーがあるのはこの3つの栄養素だけ。
また、糖質⇒脂質⇒タンパク質の順で体脂肪になります。

 

けれど、この3つの栄養素だけ食べていればいいのかというとそうではなく、
代謝され確りと仕事をするためには、「ビタミン」「ミネラル」と呼ばれる
栄養素が必要になります。

 

つまり、ビタミンとミネラルがなければ体内代謝がスムーズに行われないので
三大栄養素が脂肪として体内に蓄積してしまうのです。

 

また、先に「過食」の項でお話させて頂いた「食物繊維」は、
消化酵素により消化されませんが、排泄、血糖値上昇の抑制など、
その働きが近年の研究により認められ必須の栄養素となりました。

 

「糖質」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」
これらを総称して六大栄養素と呼び、これら全ては体に不可欠で、
どれか一つでも欠けてはならない栄養素なのです。

 

仮に欠けたとしたら、量は食べてなくても内臓脂肪だらけといったような
症状を巻き起こすことになりますのでカロリーはもちろんですが、
栄養バランスにも同じように気をつけましょう!

 

 

 

 

以上が過食と栄養バランスについてでしたが、いかがだったでしょうか?

 

平たく言うと糖質を食べる前にある程度お腹一杯にしておけば
食べすぎてしまう傾向がある糖質の量が減らせるということで、

 

また、腹を膨らませるのも栄養がないものではなく栄養があるものを
前述した六大栄養素を考慮しながら膨らませましょうということです。

 

カロリーを減らすことがメタボな人のダイエットでも必要という認識は
あなたもお持ちだと思いますが、低カロリーということで
ジャンクフードのような食べ物でお腹を膨らませたり、

 

いわゆる一品ダイエット、トマトやバナナ、キャベツ・・
これらを1日3食食べ続ける、一見カロリーが低く体重も減るし、

 

なによりテレビなどで取り上げられていて、
手っ取り早い感じがしてしまうのでどうしても取組たくなります。

 

けれど、体重が落ちるのは体内の水分と筋肉が落ちるからであり、
また、体の免疫機能はどんどん弱くなっていきます。

 

体の免疫機能が落ち、筋肉も無い状態になるということは、
「太りやすい体質」になるということ他なりません。

 

そして、最終的には病気になるのが目に見えています。

 

実は、手っ取り早いようで遠回りどころか取り返しの付かないことになる可能性が
これらの手法にはあるということを是非ともご認識の上、
焦らず騒がずコツコツとダイエットに取り組むようにしましょう。

 

そのために、ロデムも一生懸命情報提供をさせて頂きますから。
一緒に頑張りましょうね!

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

食べ物には旬が有る・・・
確かに旬の食べ物は旬じゃない時期と比べたら美味しい!

 

現代の食生活においてはいろいろな食材が時期を関係なく存在している。
何が言いたいかというと、食材のパワーが落ちているということ。

 

やっぱり、旬な時期がその食材において最大パワーを発揮する瞬間であり、
我々にとっても栄養面から考えれば最も食べるのに適した場面・・

 

旬を大事にしながら、且つ、食べれることに感謝しながら
食事を楽しまないといけないな〜と思う今日このごろ・・・!

このエントリーをはてなブックマークに追加