メタボ 食生活

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボな食生活は危険!食べる順番を意識して過食を克服

どうも!いつもご贔屓頂き誠にありがとうございます。
ロデムで〜す!あなたと同じ40代のメタボだったオッサンでございます。

 

最近、体力の衰えを感じることが多いんですよね〜
気持ちだけは若いものに負けないと思ってますけど・・
やっぱり体力勝負になると勝てません。

 

でも、ご安心下さい。遅かれ早かれ誰だって通る道・・
若いもんと勝負したって体力では勝てません。
だったら年相応に若々しくいられればいいんじゃないかなということで
現在に至っております。

 

そのためには、やっぱりメタボ体型はちょっと頂けないかなぁ〜と・・
昔流行ったダブルのスーツならお腹が出っ張っていてもいいでしょうけど、
今の主流であるシングルのスーツだとやっぱり似合いません。

 

あなたがファッション面に興味をもっているかどうかわかりませんが、
メタボを解消してスッキリした体型になるとオシャレをするのが楽しくなります。

 

ロデムがメタボを解消して良かったと思うことの一つです。

 

ちょっと話が脱線しましたが、
今回は、やっぱりメタボな食生活といったら「食べ過ぎてしまう」、
過食の克服がまずは第一歩だと思いますので、この改善方法について
経験を踏まえながらお話させて頂きたいと思います。少々お付き合い下さい。

 

 

 

 

あなたが食事を摂るとき一番始めに口にするのは何でしょうか?

 

ロデムがメタボだった頃を振り返ると「ご飯」「麺類」「パン」、
いわゆる主食から口にし、ある程度お腹が膨らんでから「おかず」を食べてました。

 

一見、問題ないようですが、いろいろ勉強したり自身で検証した結果、
それではダメ。主食を先に入れるのは過食の元になるのです・・

 

なぜ、過食の元になるのか?それは血糖値が鍵を握っています・・
そのメカニズムをご説明いたします。

 

食事から摂取した糖質は、体内でブドウ糖に分解され血液に入り、
膵臓から分泌されるインスリンの働きにより、全身でエネルギーとして利用されます。

 

なぜ、始めに主食である「ご飯」「麺類」「パン」を口にするとダメなのかというと、
炭水化物に含まれる成分である糖質を先に摂ることで血糖値が急上昇するからです。

 

血糖値が急上昇することは体が危険にさらされているおそれがあるので、
脳は、インスリンを分泌するよう指示するのですが、急上昇というのが問題で、
必要以上のインスリンが分泌されます。その結果、急上昇した血糖値は急降下・・・

 

今度は、血糖値が下がりすぎているということで血糖値を上げるために
何かを食べるよう脳が食欲刺激するのです。

 

そして、また、血糖値が急上昇してインスリンが大量分泌し、
血糖値は急降下し食欲が刺激される・・・この繰り返しなんです。

 

これこそが、食べても食べてもお腹が一杯にならない原因です。

 

よって、いかに血糖値の急上昇をゆるやかにしながら食事を摂るかが
食欲を抑えるための肝であり、そのために、やるべきが「食べる順場を意識する」
ということなのです。

 

メタボを解消した現在もロデムは実践を続けて実証済み。
過食を抑える手法としては手軽なわりにもの凄く強力だと実感しています。

 

 

 

 

 

それでは、具体的にどのような順番で食べるのかについてですが、
まず始めは、食物繊維を多く含む食材を食べるようにして下さい。

 

野菜やキノコ、海藻類などが入ったサラダや味噌汁・・・
サラダの場合、ドレッシングにも少々気をつかってもらうとより効果が高いです。

 

なぜ、食物繊維を先に食べるのかというと、食物繊維を先に食べることで、
消化璧と糖質食材との間に「堤防」ができることで血糖値の吸収が遅くなるからです。

 

食物繊維がたっぷり含まれた酵素ドリンクを食前に飲むのも全然あり。
とにかく、糖質を食べる前に食物繊維を摂取してからその他を食べて下さい。

 

それと、食事時間は15分以上かける・・・
満腹になったというのは、食べる量ではなく満腹中枢が判断します。
最低15分と言われてますので、この時間も意識していただくとより強力です。

 

食べる順番を意識することで、過食は防げるし、
メインを食べる前に野菜やキノコ・海藻などを食べるようになるわけですから、
自然と品数も増え、栄養バランスの改善も期待できます。

 

食事を始める一口目は食物繊維から・・
ちょっとした意識が大きな結果を生みますので、ぜひともご検討頂けると幸いです。

 

ご精読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

 

最近、糖質を控えるようにしているんだよね・・
なぜかと言うと、糖質とタンパク質が熱でくっつくとAGEという物質になる。

 

どうやらこれが白内障や心臓病、癌などの原因とも言われている。
最近、身の回りで癌に掛かる人がとにかく多い。

 

外資系の生命保険会社に生命保険を切り替えるとき、
「がん保険は必要ないですよ〜、そのうち特効薬が見つかりますから」
っていうのを鵜呑みにしなくてよかった〜

 

医療が発達すればするほど癌も進化しているように感じてるんだよね。

 

だから、糖質は極力少なくしてるんだ!

 

やっぱりいつまでも元気でいたいからね〜

このエントリーをはてなブックマークに追加