メタボ 腰痛

このエントリーをはてなブックマークに追加   

メタボで腰痛もあるから辛い!食べる物の選択を間違えるな

いつも大変お世話になっております。ロデムです。
今日もページを開いて頂き誠にありがとうございます。
これもきっと何かの縁じゃないかと思います・・・!

 

さて、市場をくまなく観察してみると、
メタボな人って以外と腰痛持ちが多いみたいです。

 

かく言うロデムもメタボ経験者でヘルニア持ちでしたので、
意外な感じではなく、「そうだろうな!」というのが実感です。

 

なぜなら、腹が重たいので腰に負担がかかるからです!

 

もちろん腰痛の原因は腹が重たいだけではなく複合的だと思いますが、
一因としては考えられるでしょう。

 

ちなみに、ロデムの腰痛は決してメタボだからではなく、
20代の頃からですので・・けど、メタボを解消したら楽にはなりました・・
ので、腹の重みが腰に影響を及ぼしているのは間違いないでしょう。

 

そんなわけで、今回は、腰痛持ちがメタボを解消するには
どうしたらいいかについてロデムの経験を交えながらお伝えしたいと思います。

 

 

 

まず、メタボ男性がやらないと行けないのが体重を落とすことです。
いろいろやり方はあると思いますが、ロデムが実行したのは量を減らすことでした。

 

どうやって食べる量を減らしたのかというと自前で酵素ドリンクを作り、
食事の前に飲むようにしたのです。

 

レシピとしては、バナナ・りんご・セロリ・ゴボウ・キャベツ・大根を
低速ミキサーに水と一緒に入れ、これだけでは美味しくないので、
ハチミツと豆乳を加えればなかなか美味しい酵素ドリンクの出来上がりです。

 

その当時、ラーメンが美味しい地域で働いていました。
普通盛りが200gという都会なら大盛りレベルの盛りが良いラーメンを
毎日のようにお昼は食べていましたし、スープも確実に完飲してましたので
どうしても塩分の摂取が多かったかと思います。

 

その点、自前の酵素ドリンクには血圧を下げる作用がある
カリウム豊富なセロリが入っていて、ちょっと塩分多めな食生活でしたが、
偶然とはいえすばらしいチョイスだったと思います。

 

ただ、その後に受けた保健指導でラーメンの汁は飲まないと約束させられたので
飲まないことがやっぱり有効だったのでしょう・・!

 

そして、運動も平行して行いました。
まずはじめに行ったのは月並みですが、ウォーキングです。

 

その当時は、「走れば痩せる」だろうという感覚を持っていましたが、
いきなりでは無理だろうと思っていたのでウォーキングからやり始めました。

 

そして、1ヶ月くらいたってからジョギングへ移行したのです。
しかし、これは大失敗に終わりました・・
腰痛はもちろんですが、膝もおかしくしてしまったのです。

 

いつもならここで諦めるのですが、
やはりメタボを解消するためには運動が必要だと思ってましたので
腰痛でも続けられるスポーツを探したのです。

 

今になってみるとウォーキングで十分なのですが、その当時は眼中になく、
水泳かエアロバイクのどちらかを行うことにしたのです。

 

そして、最終的な決断はエアロバイクでした。
決定の理由はなんといっても室内でできるということ。

 

水泳をするためにはジムに行く必要がありました。
ジムですので当然ながらエアロバイクもあるわけです。

 

「水泳とエアロバイク両方できるほうが得じゃない」と
思われる方もいらっしゃるでしょうが、自宅で気が向いた時に
エアロバイクを漕ぐほうが続くかと思い決定しました。

 

やはり、どこかに行かないといけないのは始めは良いですが、
なんせ雪がふる地域に住んでましたし、夜は道路が凍結するので、
絶対に行くのが億劫になると思ったのです。

 

過去の経験から億劫になりそうなことは長続きしないので
なるべく気軽にできる自宅でのエアロバイクにしたのです。

 

ただですね、エアロバイクは腰への負担が少ないとはいえ、
ダメな形状もあります。その形状とはこんな形の物です。

 

⇒楽天画像

 

このタイプは安いのですが、足を前に投げ出す姿勢で漕ぎます。
この姿勢だと腰への負担はかなりのものとなります。

 

うちの家内が、エアロバイクで痩せたと言ったら、
真似してこのタイプのエアロバイクを購入しました。
なんといっても安いですから・・

 

その時は、なんとも思わなかったのですが、
漕いでみたらダメで、2〜3日腰痛が続いてしまいました・・・
よって、この手のものは止めたほうが良いと思います。

 

オススメはこのようなタイプです。

 

⇒楽天画像

 

なるたけ、前かがみになれるようなものを選ばられると良いと思います。
前かがみになることで腰への負担はかなり軽減されます。

 

⇒楽天画像

 

ちなみに、ロデムが購入したのはこのタイプのものです。
一番上までサドルを上げれば前かがみな姿勢になるので
腰への負担はかなり軽減できました。

 

頻度に関しては、週2〜4の間で、テレビを見ながら1回30〜40分を、
強度を上げ過ぎるとお腹が空くので早くもなく遅くもない、
ちょっと汗ばむくらいで漕いでました。

 

とまあ、こんな感じで食生活の改善と運動を行いながら、
3年かけて20キロの減量に成功しメタボを解消したのでした・・

 

コツはなんといっても頑張らないことだと思います。

 

食べたいものがある時は我慢せず食べて、1〜2週間で取り戻す・・
もしくは、予めがんばっておいて週末はご褒美として食べたいものを食べる。

 

また、運動に関しても同様で漕ぎたくない時はやらない。
やらない日が続いたとしても自分を追い込まないこと。

 

このような、かなりゆる〜い感じでも続けていけば必ずや結果はでますので
焦らず騒がず淡々と作業するような感じでいくのが良いかと思います。

 

 

 

3年もかかるのかと思うかもしれませんね・・けど、大丈夫です。
その当時、食生活に気をつけていたとはいえ
今ほどの知識はありませんでした。

 

ですから、振り返ると運動をコツコツ続けた結果が
3年かけての20キロ減量だったと思います。

 

今だったら、カロリー摂取はもちろん少ないに越したことないのですが、
それよりも栄養が偏らないような食生活にし運動を併用すれば、
1年半くらいで十分20キロ減量は可能です。

 

栄養が偏らない生活とは6大栄養素を満遍なく摂取するということです。
糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が6大栄養素です。

 

これらはどれかが一つでも不足してはいけないのです。
なぜなら、全てが密接に絡み合いながらそれぞれの役割をこなすからです。

 

とは、いうものの、メタボな人は糖質を取りすぎているのは間違いありません。
ですから、糖質を減らして、ビタミン・ミネラル・食物繊維を十分摂取すれば
それほど苦労せず減量できるでしょう。

 

食材的には玄米・雑穀米・豚肉・青魚・野菜・果物・海藻・キノコ・芋類等を
生食できるものは生で食し、調理しなければならないものは無添加の調味料で、
油を使う場合は、エゴマ油などオメガ3系の油を使うようにする。

 

何を食べるのかはメタボ解消において最重要です!

 

なぜなら、我々の体は、我々が好んで食べた食べ物の栄養素が
化学反応を起こした結果、血となり肉となり骨となるからです。

 

間違っても、飴玉一袋、カップラーメンなどインスタント食品、
菓子パンとコーヒー牛乳などで空腹を満たすなんてことはしないように・・
カロリーは少ないけど絶対に痩せれませんから!

 

栄養のある太らない食べ物を好んで食べるようにしましょう。
そうすれば自然と体は元の鞘に納まるはずです。

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

腹一杯になるためには今まで白米が必要だったけど、
栄養面を気にするようになってからそれは必要じゃなくなった・・

 

なんとなく体の調子も悪かったけど、最近、調子がいいもんな。
花粉症もなんだか良くなっているし・・

 

やっぱり食べるものって重要だよな〜!
なんでいままで気づかなかったのだろうか?

 

今の自分の体型があるのは、他でもない、
自分が好き好んで食べたものの結果でしかない。

 

だったら太らない食べ物を食べればおのずと結果はでる。
簡単じゃん!

 

体の調子も良くなっているし、
体にいいものを一杯食べてバリバリ働くぞー!

 

なんといっても健康第一。
バリバリ働くためには健康じゃないとね!

このエントリーをはてなブックマークに追加