コレステロール 改善

このエントリーをはてなブックマークに追加   

コレステロールを改善したい40代メタボ 原因は内臓脂肪!

いつも大変お世話になっております。
ロデムでございます。

 

本日もページを開いて頂き感謝するとともに、
あなたのお悩みが一刻も早く解決できるような情報提供を心がけ、

 

ロデムが思い描く未来の姿をあなたと一緒に目指していけるといいなぁ〜
なんて思ったりしています。何卒、今後ともよろしくお願い致します。

 

さて、市場を見回してみるとコレステロールに関する悩みを抱える
40代メタボ男性は当然ながらかなりいらっしゃいます。

 

メタボとコレステロールは切っても切れない関係ですので
悩んでいる人が多いのは当然といえば当然です。

 

そこで、今回は、コレステロールを下げる方法について
経験を踏まえながらご紹介させて頂きます。

 

 

 

【コレステロールを下げる方法】@水溶性食物繊維の摂取

 

コレステロールを下げる方法として取り入れたいのが水溶性食物繊維です。
この水溶性食物繊維は、コレステロールや糖質の腸内吸収を妨げる作用があります。

 

食材としては、野菜、果物、豆、きのこ、海藻類などですが、
ロデムのオススメは「きのこ」です。

 

きのこは低カロリーで食物繊維が豊富なメタボには大変ありがたい食材です。
特に、「まいたけ」・「エリンギ」・「しいたけ」などに含まれる、
「β-グルカン」という成分が、余分なコレステロールを排出して動脈硬化を予防したり、
免疫力を高めてくれるので癌対策にもなります。

 

さらに、「まいたけ」にはよりコレステロール値を下げてくれる
「X-フレクション」という特有の成分が含まれていて、
まいたけを2週間食べ続けたところ、LDLコレステロール値が下がったという
報告もあるのです。

 

また、「しいたけ」もコレステロールを下げたいならオススメ。

 

しいたけ特有の成分である「エリタデニン」が、血液中のLDLコレステロールを減らして、
HDLコレステロールを増やす作用があり、「ナイアシン」という成分が、
中性脂肪と総コレステロールを減らしてくれます。

 

これら食材となす・ピーマン・たまねぎ・ブロッコリー・キャベツ・
ほうれんそう・にら・トマト・かぼちゃなどの野菜と一緒に
味噌汁にして飲むようにしてはどうでしょうか?

 

おすすめする理由は簡単です。とにかく調理に手間がかからない。
やっぱり簡単でないと長続きしませんからね〜。
経験から鑑みても味噌汁はオススメですよ。

 

 

【コレステロールを下げる方法】A不飽和脂肪酸の摂取

 

肉やバターなどの動物性油脂に多く含まれている飽和脂肪酸は、
コレステロール値を異常にさせる大きな要因です。

 

取りすぎるとLDLコレステロール値が増え、脂質異常を招いたり、
動脈硬化を進行させます。

 

一方、身体によいのは不飽和脂肪酸を多く含む油で、
「α-リノレン酸」・「EPA/DHA」といったいわゆるオメガ3系の油を
意識してとるようにしましょう。

 

食材的には、イワシやサンマなどの青魚、くるみ・アーマンドなどのナッツ類、
亜麻仁油やえごま油等です。

 

効果としては、中性脂肪を減らして血液をサラサラにしてくれるので、
生活習慣病や動脈硬化の予防に役立ちます。

 

以上が、目先的にコレステロールを下げる方法についてです。
これはあくまでも目先的な対処法ですので恒久的にということなら
しっかりと食事の改善をする必要があります。

 

 

 

 

結局コレステロール値に異常が出るというのは、
コレステロールを含む食材を食べ過ぎているというよりは、
メタボな体型、内臓脂肪が原因というのがロデムの結論です。

 

コレステロールを多く含む食べ物というのは、卵や肉・魚介などの
動物性タンパク質を多く含む食べ物ということになるのですが、
脂質の一種であるコレステロールの代謝を促すには、
ビタミンB2の栄養素が必要になってきます。

 

けれど、このビタミンB2を多く含む食材というのは
コレステロールを多く含む食材とダブります。

 

ビタミンというから野菜や果物と思いがちですが、
ビタミンB2は牛・豚・鶏のレバーやうなぎ・さんま・サバ等青魚に多く含まれています。

 

これらの食材にはコレステロールも豊富に含まれています。

 

コレステロールが高いからといってこれらを取らないのは、
タンパク質不足が生じる可能性があり、その結果、細胞膜や血管が弱くなり、
また、免疫力が低下することで脳出血や癌を起こしやすくなるのでオススメできません。

 

では、最たる原因はなにかというとやっぱり内臓脂肪なんですよ。とどのつまりは!

 

内臓脂肪が増えることにより肝臓で中性脂肪がたくさんつくられ、
血液中の中性脂肪が増えることで、HDLが減り、LDLが増える・・

 

最大の悪は、やっぱり内臓脂肪なんです。

 

ですから、コレステロール値を改善したいなら内臓脂肪を減らす・・
暴飲暴食を避け、カロリーを抑えつつ栄養に偏りのない食生活と適度な運動。

 

月並みですが、これしかありません・・

 

当然ながら、メタボだった頃のロデムもコレステロール値は悪かったのですが、
メタボを解消してからは知らぬ間に戻っていました・・

 

とにかく内臓脂肪を減らす。
これが一番手っ取り早くコレステロール値を改善する方法なのです!

 

 

 

 

 

 

追伸:ロデムの独り言・・・

 

最近、青魚をよ〜く食べるようにしている。
DHA・EPA・α-リノレン酸の摂取が衰えつつある身体に良いから!

 

お陰で肌もすべすべ、なんだか調子がいいんだよなぁ〜

 

脂質っていうと糖質と並んで悪者になりがちだけど、
良質な油は動脈硬化や高血圧を予防する手段にもなる!

 

それと、ツマミとしてもいいんだよね〜
特に日本酒との相性は最高!

 

飲み過ぎたら本末転倒なので羽目を外すのは時々ということで!

このエントリーをはてなブックマークに追加